仰向けより横向き寝が多い人はこんな布団を使おう

pillow
体の健康と機能に欠かすことのできない睡眠は、出来ることなら毎日快適に取りたいもの。そんな毎日の快眠の中でよく聞かれるのが、睡眠を取る時の体の姿勢です。
そして眠る時の体のポジションで、多くの人達の間でその割合を占めているのが、横向き寝です。

しかしこのポジションで眠る人には、意外にも肩こりや首、そして背中や腰に負担がかかる事が多く、そのためにも横向き寝で体の痛みを感じずに快適な睡眠を毎晩とるためには、枕と布団の選び方が重要なポイントになります。
それでは、横向きのポジションで眠る際に選ぶべき枕や布団というものはどのようなものなのでしょうか。

まず枕ですが、横向きで眠るときに必ず問題となるのが、横になる際に生じる首と肩の隙間でしょう。横を向いて眠る際には、必ずこの隙間が出来るために、この隙間を上手に埋めてくれる高めの枕を使用することが、快適に睡眠をとる重要なポイントとなります。最近は低反発素材や羽毛に至るまで、実に様々なタイプの枕が市場に出回っていますが、いずれのものを選ぶ際にも、肩と腰の隙間を綺麗に埋めてくれるものが最適でしょう。

さてそれでは、横向き寝で眠る際の布団の選び方のポイントはどうでしょうか。横向きで眠る際には、どうしても体の荷重がかかりやすいために、首や肩と腰の体の要所に負担がかかりやすくなります。

この問題を解消するには、やはり体の荷重をしっかりと受け止めて分散してくれる、体の形状にマッチしながら均等に体が沈みこむタイプのものを選ぶのが良いでしょう。要はその布団の素材や形状に関わらず、体重を包み込みながら沈んでくれるものを選ぶことがポイントです。
またその上に体の体重を上手に分散してくれるものであれば、さらに横で眠る際の快適さを追及してくれることでしょう。