pillow
体の健康と機能に欠かすことのできない睡眠は、出来ることなら毎日快適に取りたいもの。そんな毎日の快眠の中でよく聞かれるのが、睡眠を取る時の体の姿勢です。
そして眠る時の体のポジションで、多くの人達の間でその割合を占めているのが、横向き寝です。

しかしこのポジションで眠る人には、意外にも肩こりや首、そして背中や腰に負担がかかる事が多く、そのためにも横向き寝で体の痛みを感じずに快適な睡眠を毎晩とるためには、枕と布団の選び方が重要なポイントになります。
それでは、横向きのポジションで眠る際に選ぶべき枕や布団というものはどのようなものなのでしょうか。

まず枕ですが、横向きで眠るときに必ず問題となるのが、横になる際に生じる首と肩の隙間でしょう。横を向いて眠る際には、必ずこの隙間が出来るために、この隙間を上手に埋めてくれる高めの枕を使用することが、快適に睡眠をとる重要なポイントとなります。最近は低反発素材や羽毛に至るまで、実に様々なタイプの枕が市場に出回っていますが、いずれのものを選ぶ際にも、肩と腰の隙間を綺麗に埋めてくれるものが最適でしょう。

さてそれでは、横向き寝で眠る際の布団の選び方のポイントはどうでしょうか。横向きで眠る際には、どうしても体の荷重がかかりやすいために、首や肩と腰の体の要所に負担がかかりやすくなります。

この問題を解消するには、やはり体の荷重をしっかりと受け止めて分散してくれる、体の形状にマッチしながら均等に体が沈みこむタイプのものを選ぶのが良いでしょう。要はその布団の素材や形状に関わらず、体重を包み込みながら沈んでくれるものを選ぶことがポイントです。
またその上に体の体重を上手に分散してくれるものであれば、さらに横で眠る際の快適さを追及してくれることでしょう。

目覚め時に首の調子が悪かったり肩こりを感じるようなことがあると1日の良いスタートを切ることができませんよね。それにも関わらず私のい

つもの目覚めは良くなかったです。特に感じることが多かったのが首の痛みであり、疲労をしているような感じがあってプチストレスに感じていました。

これはきっと枕が良くないのかと考えて色々探してみたところ、横楽寝という枕があることを知りました。口コミを見てみると、ぐっすりと眠れるようになった、肩こりが良くなった、また、私と同じように首の痛みに悩んでいた方もいたようですが、首の調子が良くなったというではないですか。

これは試してみる価値があると思い早速ネットで注文。

実際に使ってみた感想としては、まずとてもしっかりとした作りです。

今までずっと使っていた枕は綿が入っている定番のタイプであり、ふかふかする感じが好きで長年愛用していました。ところが横楽寝は弾力性のあるパイプが入っている為に綿入りのタイプと比較するとかなり硬めに感じました。でも弾力性のあるパイプでもあるので丁度良く圧力を支えてくれています。ですから硬くて寝心地が悪いということはありませんし、むしろしっかりと支えてくれている為に頭や首が安定する感じがあります。

なお、補充用のパイプが付いていますので高さ調整ができるのも嬉しいですよね。やっぱり人によって丁度良い高さは違っていますからどんなに良い枕でも、ちょっと高さが微妙・・・ということもあると思いますが、この枕なら簡単に調整することができますので、どんな人でも適切な高さにできるのではないでしょうか。

首のところが緩いカーブになっているのもこの枕の良いところだと感じます。カーブがあるお陰で深く枕に頭を乗せることができますし、また、首もしっかりと乗せられます。今まで使っていた枕は柔らかかったので、グッと頭を乗せることもできましたが、でも首のところがやや浮いてしまう感じなのがちょっと気になっていました。その点、この枕なら安定性がありますし、よく考えられているなという印象です。

ただ大事なのは寝起きの状態です。いくら良い枕だろうと問題の寝起きが良くなければ意味はありません。ところが初めて使った翌日にすぐに違いを実感できてびっくり。今までずっと悩みに感じていた首や肩こりが本当に楽になりましたし、枕が違うだけでこんなに変化が起こるなんて信じられなかったです。

そしてもう一つびっくりしたのがきちんと枕で眠っていたこと。よく枕をそっちのけで朝起きることがあったのですが、この枕にしてからは目覚めた時も枕の上にきちんと頭があり、本能で寝心地が良いと感じているのでしょうね。

この他、ヨコネという横向き寝の人専用の枕も出ていますので、そちらも合わせてチェックしてみてください。
横向き枕の、おすすめランキングをご覧いただき自分に合いそうな枕を探してみて下さい。

現在40歳の男性会社員ですが、寝る時の枕は昔ながらのそばがらを使ってます。以前低反発ウレタン横向き枕に変えたりビーズ枕を使ったりしたことはあるんですが、私に合いませんでした。私は祖父母に育てられたからか寝具は昔ながらものを25歳ぐらいまで使っていました。一人暮らしをするまでって感じです。そのせいでそばがら枕に慣れてしまったんでしょうね。

低反発ウレタン枕だとただ横になるだけなら気持ちがいいんです。頭の重みの分枕がスっと沈んでくれるので無理のない体制になるというか寝ながらマンガを読んだりする分には快適でした。しかし寝る時になると低反発で枕が沈むのが逆効果になってしまったんです。頭が枕に沈んでしまうので枕をしてる気がしないんです。もちろん最初はそばがら枕に慣れてしまってるからだと思い低反発ウレタンを使い続けたんですが、自分には合いませんでした。

次にビーズ枕も使ってみたんですが、これもイマイチでした。どちらもクッション的な役割としてみると気持ちいいんですが、睡眠導入時にはイマイチなんです。そして結局、昔から使ってるそばがら枕に戻してみたんですが、慣れって怖いものでスっと眠れました。欠点としては頭の位置が高くなるせいか肩がこりやすいんです。その代わりスっと眠れるので、今の所は昔ながらのそばがら枕を使うようにしてます。

私もこれまでにいろんなタイプの横向き枕を使ってきたのですが、なかなか自分の体に合った枕を見つける事ができませんでした。というのも、枕を買う時はいつもそこらへんのホームセンターで売っているような安物の通常の形状をした枕を買っていたからでした。こんな枕を使っていては寝ている時に無理な体勢で寝る事になってしまって首を痛めてしまう事が多くありました。

それでいくら何時間寝ても全くすっきりしないです。特に私が枕選びで重要になってくるのが横向きになった時と上向きになった時の枕の高さが違うようになっている横向き枕を使うのが良いと思いました。

なぜなら、上向きになって寝る時も横向きになって寝る時も同じ高さで寝るとどうしても無理な姿勢で寝る事になってしまうからです。ですが、今私が使っている横向き枕は上向きに寝る時はくぼんだ箇所で寝れえるようになっていて横向きになった時は盛り上がっている部分に頭を置く事でどういう寝方をしても不自然な姿勢で寝る事もなくなってとても良かったです。

私が普段愛用している枕は固め・高めの低反発の枕だ。アイマスクをし、いつもぐっすり眠れている。しかし、最近になりその枕も汚れてきて、そろそろ新しい横向き枕を買おう…という事になった。母に言って新しい枕を買ってきてもらったのだが、その枕は羽毛100%のふわふわの高級品。手で触るとあまりのふわふわさに顔がニヤけた。

試しに頭を枕に埋めてみると枕は頭をふわりと包み、ぺしゃんと薄くなった。今まで使っていた固めの枕とは随分使用感が違った。枕なら何でも同じ…とずっと考えていたのだが、どうやらそういう訳ではなさそうだ。その日の晩、私は新しい枕で眠りについた。
いつものようにアイマスクをし、横になる。しかし、何だか首の収まりが悪い。

何度か寝返りをし、何とか妥協できる睡眠の姿勢を見つけるとようやく眠りにつくことができた。翌朝、目が覚めるとあまりの激痛に身体が痺れる思いをした。どうやら首を寝違えていたのだ。私はこれが原因で、人にはひとりひとり自分に合っている横向き枕があるのだという事を知ることができた。

私には固めで首の位置が高い枕が合っているのだ。どんな高級な横向き枕でも誰にでも合う訳ではないのだ。枕は人に買ってきてもらわずに、自身で触って(できれば試しに使って)から購入すべきだと身をもって感じることができた。

頂いた横向き枕が意外と自分の寝姿勢にあった

私は現在、メインで低反発ウレタンの枕を使用しています。この横向き枕を使うようになったきっかけは知人の結婚式の引き出物として頂いたことが始まりでした。最初使った時には少しゴツゴツして痛かったのですが、しばらく使っていると寧ろこの程よい硬さが疲労低減に繋がっているのだと思いました。というのも、例えば日本より制限速度の速い欧州の車は長距離の高速移動に耐えるために、日本車とは違った硬めのシートを採用しています。一見フワフワした柔らかい枕の方が疲労を低減しそうなのですが、長時間使用する場合には柔らかい枕よりも逆に少し硬いぐらい方が疲労が少なくて済むのです。

そういうこともあって、私は今使用している枕が大変気に入っています。それに私は頭が大きいので首が疲れやすいのですが、形状が首を支えるようになっていて、そこに首を乗せると非常に楽なのです。ただ、横になった時にはその形状が意味を成さなくなってしまうので、そこが少し悩みどころではあります。しかしトータルすると非常に良い横向き枕なので、これからも愛用していきたいと思っています。

人によって睡眠の時の態勢はそれぞれ異なります。睡眠は一日の三分の一近くを占めますので、自分の一番落ち着いた姿勢で寝るのが望ましいといえるでしょう。

では、どんな寝方があるのでしょうか?例えば、顔を横に向けて寝る横向きがあります。横向きは身体に負担がかかりませんので妊婦さんにおすすめの寝方です。横向きにして寝る寝方が落ち着くという人もいれば、枕に顔を付けて寝るうつ伏せが落ち着くという人もいます。

他にも、仰向け寝が落ちつく、という人もいます。仰向け寝は一番多い寝方です。仰向け寝をすると、寝心地が良いと感じる人が多いようです。

寝心地が良いと、夜中に何度も目が覚めませんので熟睡することができ、次の日の朝すっきりと目が覚めることができますし、疲れを残すことがありません。

さらに、仰向け寝だと、肺やお腹が上に向いていますので楽に呼吸できます。

さらに別のメリットとしては、仰向け寝はきれいな寝方ですから、身体がゆがみにくいですので猫背を防ぐことができます。また、手足を広げて寝ますので、放熱がスムーズに行われます。このように、仰向け寝にはたくさんのメリットがあります。

しかし、仰向け寝には、デメリットもあります。それは、重力でしたがのどに落ちますのでいびきをかきやすいという場合があります。最悪の場合は、呼吸が詰まってしまうということが生じます。睡眠時無呼吸症候群をわずらっている人は気を付ける必要があります。